ハンドロード 標的射撃

銃砲店で購入した20番スラッグ実包のグルーピングテスト

20番スラッグを比べてみる

20番の射撃用スラッグのハンドロードを始める前にファクトリーロードのデータを取ろうと思い、近所の銃砲店にあった20番スラッグ実包を全種類購入した。

銃砲店で購入できた20番スラッグ実包は下記のとおり。

  • REDBIRD COMPETITION LOAD(射撃用)
  • REDBIRD FIELD LOAD(狩猟用)
  • Rottweil BRENNEKE(ブリネッキ)
  • RXP-S RS(国産Remingtonなどと言われている日邦工業の狩猟用スラッグ)
  • Remington Slugger
  • FEDERAL PREMIUM

 

ショットシェル の長さなどは統一されていると思っていたのだが、計測してみると各社まちまちだった。

 

計測に関して

下記に各ショットシェルの長さや重さを計測したデータを記載していく。

小数点以下の数値については計測の仕方で微妙に数値が変わってしまうので、あくまでも参考用としてご覧いただきたい。

長さの計測にはMitutoyoのデジタルノギスを使用、単位はmm。

重さの計測にはHornadyのデジタルスケールを使用、単位はg。

 

ショットシェル の計測の項目

ショット前全長とはシェルの頭から底までの計測。

ショット後全長とはショット後のいわゆる空シェルの全長。

クリンプはクリンプのやり方がロールクリンプかスタークリンプか。

ロンデル長とはシェルのケツの方についている金属の長さ。

シェル直径はシェルの直径。

ロンデル直径はロンデルの胴部分の直径。

リム直径とはロンデルのさらに下の金属が出っ張っている部分。

ショット前重量とはショット前の重量。

ショット後重量とは空シェルの重量。

弾頭重量とはパッケージに記載されている弾頭重量の事。oz表記されているものはg表記に変換している。

 

射撃テストの項目

射撃テストで使用した銃はミロクMSS-20スムースボア。

マトまでの距離は50mで、マトの高さは全て揃えている。

ゼロインは50mでREDBIRD COMPETITION LOADにて行っている。

 

スコープはMarch 2.5x-25x42、25倍でマトの中心をしっかりと狙い撃ち。

銃はCaldwellのLEAD SLED3に依託。

 

テスト前に10発ほど撃ち込み、銃身内のオイルは落としておいた。

各実包はマトに5発撃ち、5発ごとに銃身内を真鍮ブラシで擦って鉛とスス落としを行った。

その後銃身を冷やすために5分以上放置。

 

射撃時に飛ばしてしまったパターンもあるので、テストは最もまとまった3発で計測している。

着弾の計測アプリはBULLSEYE。

ヤードとメートル表記が設定してもごちゃ混ぜになる不具合があるが、計測できるだけでありがたい。

 

弾速の計測単位はFPS。

計測で使用したのはMagnetoSpeed社のV3 BALLISTIC CHRONOGRAPH。

最小、最大、3−5発(計測できない事もたまにあるので)の平均を記載する。

 

計測した日のコンディション

コンディションの計測はこの機械で行った

 

天候は晴れ。

風速 0-4.4MPS(ほぼ無風だった)

気温 25.7−25.9度

気圧 919.0MB

湿度 87−92%

 

 

スポンサーリンク

REDBIRD COMPETITION LOAD

ショットシェル の計測

ショット前全長 59.20
ショット後全長 69.45
ロンデル長 15.0
クリンプ ロール
シェル直径 17.18
ロンデル直径 17.60
リム直径 19.30
ショット前重量 30.10
ショット後重量 6.20
弾頭重量 17.71

 

射撃テスト

 

弾速

最小 1574
最大 1611
平均 1590

 

 

REDBIRD FIELD LOAD

ショットシェル の計測

ショット前全長 57.35
ショット後全長 69.43
ロンデル長 15.50
クリンプ ロール
シェル直径 17.20
ロンデル直径 17.60
リム直径 19.29
ショット前重量 33.180
ショット後重量 6.270
弾頭重量 25

 

射撃テスト

 

弾速

最小 1385
最大 1436
平均 1420

 

 

Rottweil BRENNEKE

ショットシェル の計測

ショット前全長 57.35
ショット後全長 67.07
ロンデル長 9.56
クリンプ ロール
シェル直径 17.17
ロンデル直径 17.93
リム直径 19.26
ショット前重量 31.785
ショット後重量 5.380
弾頭重量 24

 

射撃テスト

 

弾速

最小 1380
最大 1408
平均 1391

 

 

スポンサーリンク

RXP-S RS

ショットシェル の計測

ショット前全長 58.88
ショット後全長 67.68
ロンデル長 17.30
クリンプ ロール
シェル直径 17.23
ロンデル直径 17.75
リム直径 19.26
ショット前重量 28.440
ショット後重量 7.745
弾頭重量 20

 

射撃テスト

 

弾速

最小 1549
最大 1582
平均 1567

 

 

Remington Slugger

ショットシェル の計測

ショット前全長 59.81
ショット後全長 68.58
ロンデル長 17.27
クリンプ ロール
シェル直径 17.29
ロンデル直径 17.70
リム直径 19.28
ショット前重量 31.370
ショット後重量 7.80
弾頭重量 17.71

 

射撃テスト

 

弾速

最小 1525
最大 1534
平均 1529

 

 

FEDERAL PREMIUM

ショットシェル の計測

ショット前全長 59.34
ショット後全長 67.71
ロンデル長 13.78
クリンプ ロール
シェル直径 17.25
ロンデル直径 17.62
リム直径 19.34
ショット前重量 33.150
ショット後重量 6.90
弾頭重量 21.26

 

射撃テスト

 

弾速

最小 1531
最大 1629
平均 1573

 

 

 

スポンサーリンク

一覧

 

REDBIRD COMP REDBIRD FIELD Rottweil BRENNEKE RXP-S RS Remington Slugger FEDERAL PREMIUM
ショット前全長 59.20 57.35 57.35 58.88 59.81 59.34
ショット後全長 69.45 69.43 67.07 67.68 68.58 67.71
ロンデル長 15.0 15.50 9.56 17.30 17.27 13.78
クリンプ ロール ロール ロール ロール ロール ロール
シェル直径 17.18 17.20 17.17 17.23 17.29 17.25
ロンデル直径 17.60 17.60 17.93 17.75 17.70 17.62
リム直径 19.30 19.29 19.26 19.26 19.28 19.34
ショット前重量 30.10 33.180 31.785 28.440 31.370 33.150
ショット後重量 6.20 6.270 5.380 7.745 7.80 6.90
弾頭重量 17.71 25 24 20 17.71 21.26
最小FPS 1574 1385 1380 1549 1525 1531
最大FPS 1611 1436 1408 1582 1534 1629
平均FPS 1590 1420 1391 1567 1529 1573
Mean Radius 0.972 1.245 2.235 1.734 2.480 3.053

 

 

おまけ REDBIRD 12GA FIELD LOAD( Remington 870 20inch Deer Barrel)

 

Remington 870 12GA 20inch Deerバレル、EOTECH EXPS2-0 + EOTECH MAGNIFIER G33(3倍ズーム)

 

射撃テスト

 

弾速

最小 1373
最大 1334
平均 1362

 

 

最後に一言

Caldwell LEAD SLED3で銃の前後を依託しているからといって、必ずマトの中心を撃てている訳ではない。

上下左右の微調整ができるように遊びがあり、頬付け肩付けもしているから微妙にレティクルはブレる。

そして1発撃つごとにLEAD SLED3の位置はズレるし(銃床の固定部分に衝撃がかかるので)、LEAD SLED3を乗せている机も動く。

だからといって大きく着弾点が乱れる訳ではないのは、REDBIRD COMPETITION LOADの着弾を見て貰えば判るだろう。

完璧なグルーピングデータを取るとなると今の装備では無理。

 

MSS-20とFEDERAL PREMIUMの相性はあまりよろしくないようだ。

1発隣のRXPのマトに着弾しているし、着弾点が全く読めないのでゼロインできる気がしない。

だからといってFEDERALを嫌いにならないでもらいたい。

FEDERALは値段が安いし、なんといっても火薬の匂いが良い。

12GA870の26インチリブとの相性も良い。

 

REDBIRDの12GAのマトの弾抜けを見てみると、全ての着弾点が円ではなく雪だるまのようになっているので横転しやすいのかも。

1発は飛ばした。

 

弾抜けが比較的綺麗なのはRXP-SとRemington Slugger。

RXP-SはまとまっているがSluggerはそれほどでもないので横転の有無で着弾点が大きく変わると考えるのは違うかもしれない。

 

Rottweilの空シェルが綺麗なのでこれをハンドロードで再利用したいが、射撃場で捨てられている事は稀。

射撃場でよく捨てられているのはREDBIRDかRXP。

 

ハンドロードではMean Radius 2.0以内を最初の目標として頑張ってみよう。

 

ランキングに参加しています。

いつもポチっと応援して頂きありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

-ハンドロード, 標的射撃
-, , , ,

© 2021 ハンティングログ Powered by AFFINGER5