標的射撃 鉄砲関連

EOTECH HHS II EXPS2-2 と G33 MAGNIFIERのレビュー

EOTECH ホロサイトとは

アメリカEOTECH社製のホログラフィックサイト。

  • 乾電池式のModel 5XXシリーズ。
  • リチウムイオン電池使用によりコンパクトになったXPSシリーズ
  • クイックデタッチレバーを採用し簡単にマウントレールへ取付可能になったEXPSシリーズ

ホロサイトは基本的にサークル内にドットが表示される、ドット数は-0なら1つ、-2なら2つ表示のように表記される。

ホロサイトのカラーは赤と緑がある、緑のほうが高価だが見やすいらしい。

ナイトビジョン搭載モデルもある。(EXPS3など)

 

ドットサイトとの違いは、例えば撃てば的の中心に当たる状態で銃が固定されており、ゼロインも済んでいるとする。

ドットサイトは正面からサイトを真っすぐ覗けば的の中心にドットがあるが、覗く高さが合っていないとか、やや横から覗いたりするとドットは的の中心に重ならない。

一方ホロサイトはサイト内に的が見えていれば、どの方向から覗いてもドットは的の中心に重なる(多少はずれている)

つまり素早く裾銃して頬付けや肩付けが多少甘かろうが、目標に対してドットを重ねれば大体狙ったあたりに弾は着弾する。

 

以前購入したEOTECH EXPS2-0は狩猟で活躍してくれている。

 

 

EXPS2-2

外観はEXPS2-0と同じ。

クイックデタッチレバーが非常に便利で、マウントレールへの着脱を何度やってもゼロインがズレない。

 

下記画像ではサークルやドットがかなり綺麗に表示されているのだが、肉眼ではホログラフィックはギザギザの線や点に見える。

また画像では2つのドットが上下でそれぞれ判別できているが、肉眼では2つの点は判別できない。

視力が良い人ならば肉眼でクリアに見えている可能性はある。

私のような近視で眼鏡使用をしている人は、ホロサイト単体使用ならば2-2を購入するのはおすすめしない。

 

ホロサイトの特徴なのだが、ホログラフィックのサークルやドットは、ホロサイトに近づこうが遠ざかろうが常に同じ大きさで目に見える。

ホロサイトを顔に近い位置に装着すればガラス面にサークルは小さく表示されるが、例えば銃口付近にホロサイトを装着すればガラス面いっぱいの大きさにサークルは表示される。

画像は望遠カメラでホロサイトのガラス面を撮影したので、肉眼で見るよりもホログラフィックのサークルやドットはクリアに写ったようだ。

 

 

G33 MAGNIFIER

G33 MAGNIFIERはEOTECHホロサイト用(専用ではない)のマグニファイア(ブースター)で、ワンタッチで使用(3倍)・不使用を切替できる。

マグニファイア(ブースター)というのはドットサイトと併用して取り付ける拡大鏡のこと、単体で使用しても意味がない。

通常時はホロサイトの1倍で運用しつつ、ちょっと離れた位置を素早く正確に狙いたい時はG33を起こせば3倍になるのは便利ではないかと思う。

 

 

上と右側と覗き口の各ダイヤルはスコープなどと同じ役割。

 

等倍で狙いたい時はG33を横に倒せばよい。

取付向きは変更可能なので、倒す方向を逆にする事もできる。

 

ホロサイト側から。

 

覗く角度が悪いとケラレが出る。

 

G33からホロサイトを覗くと非常にクリアなサークルとドットが表示される。

カメラで撮影した画像よりはるかにクリアである。

この綺麗なホログラフィックになれてしまうと、1倍のホロサイトを覗くのが辛くなるので困ったものである。

 

MSS-20でEXPS2-2とG33 MAGNIFIERを使用してみて

50mでゼロイン後に100m射撃を行う。

2つ目のドットで中心を狙うが、的紙の上の方に着弾。

1つ目のドットと2つ目のドットの中間辺りが100mで丁度よい位置。

2つ目のドットは150m辺りで有効になる「かも」しれない。

 

 

EXPS2やG33 MAGNIFIERの取付位置が悪いと排莢されない。

射撃場ではMSS-20のメンテンナンス不足で排莢されてないのかと思いつつ指で排莢していた。

しかし原因は画像のとおり、排莢時にEXPS2が干渉していたからである。

 

EXPS2とG33を排莢の邪魔にならない位置に取り付ければ当然ながらスムーズに排莢される。

それぞれの位置がかなり離れたがG33からホロサイトを覗くのに支障はない。

G33を右側に倒す場合はボルト操作がやりにくくなる、人差し指と親指のみでボルトを操作する必要がある。

 

2/14追記

G33を左倒しにしてみた、+ドライバだけで向きが変更できたので簡単。

右倒しの場合だとクイックデタッチレバーがカバンなどに引っ掛かかっていたので、左倒しのほうが使いやすいかもしれない。

 

左倒しは何にも干渉しないので使い勝手よし。

EXPSとG33は高価

私はebayでセット購入したがEXPS2-2が6万円、G33 MAGNIFIERが6万円、送料が1万円といった内訳かな。

日本で購入するとEXPS2-2単体でも8万円以上、G33 MAGNIFIERも8万円以上。

created by Rinker
¥112,400 (2021/08/03 17:08:56時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
EOTech
¥128,000 (2021/08/03 17:08:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

マグニファイアはEOTECHにこだわらないでholosunやvortexなどの安いものでも十分だったかもしれない。

created by Rinker
Vortex Optics
¥29,921 (2021/08/04 09:05:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

しかしセットで揃えたほうが見栄えが良いのは間違いない。

 

ランキングに参加しています。

いつもポチっと応援して頂きありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

-標的射撃, 鉄砲関連
-, , , ,

© 2021 ハンティングログ Powered by AFFINGER5