ハンドロード 標的射撃

6mmBRと243WINの威力を調べてみた

射撃場でよく見かける「6mmBR」「243win」という6mm口径(.243)のライフル実包。

鳥獣保護法では「小口径ライフル銃(口径の長さが5.9mm以下)の装薬銃は狩猟には使用できない」とあるので、6mmが狩猟で使用できる最小の口径となる。

なので自衛隊の89式5.56mm小銃で使用されている5.56x45mm NATO弾などは狩猟では使用できない。

海外では6mm口径はベンチレスト射撃で使用したり、バーミントハンティング用(ミーアキャットやキツネのような中小型獣向け)として用いられている。

しかし日本では鳥獣保護法により「小口径以外のライフル銃は、ヒグマ、ツキノワグマ、イノシシ、ニホンジカの猟のみに使用でき、これ以外の狩猟鳥獣には使用できない。」となっている。

 

日本では6mm口径ライフルは趣味の射撃や猟銃でのみ参加可能な射撃大会用などと割り切って所持している方が多い印象だ。

しかし6mmでもシカやイノシシあたりであれば転ばせるだけのパワーがあるのではないだろうか?

という事で6mm口径の威力を調べる事とした。

威力を調べるといっても弾頭やパウダーやバレルなどの違いでいくらでも変わるので、ファクロリーロードやメーカー公式データのものだけで検証する。

鹿や猪を獲るなら最低でも1200フィートポンド(FT/LB)、できれば1500フィートポンド欲しいので、それぞれの威力の最大有効距離(ヤード Y表記)を記載。

 

6mm BRの威力

Norma Diamond Line 6 mm Norma BR 105gr (FACTORY LOAD)

B.C 0.517

初速 2789 FPS

1500 FT/LB 125Y

1200 FT/LB 300Y

 

Lapua Scenar-L 90gr Norma BR

B.C 0.432 くらい

初速 2950 FPS

1500 FT/LB 75Y

1200 FT/LB 225Y

 

Lapua Scenar-L 105gr Norma BR

B.C 0.466 くらい

初速 2674 FPS

1500 FT/LB 50Y

1200 FT/LB 200Y

 

 

243winの威力

Norma V-MAX .243 Winchester 58gr (FACTORY LOAD)

B.C 0.25

初速 3937 FPS

1500 FT/LB 100Y

1200 FT/LB 200Y

 

Norma TIPSTRIKE Varmint .243 Winchester 76gr (FACTORY LOAD)

B.C 0.332

初速 3445 FPS

1500 FT/LB 150Y

1200 FT/LB 250Y

 

Norma Soft Point .243 Winchester 100gr (FACTORY LOAD)

B.C 0.257

初速 3018 FPS

1500 FT/LB 100Y

1200 FT/LB 175Y

Norma Oryx .243 Winchester 100gr (FACTORY LOAD)

B.C 0.261

初速 2986 FPS

1500 FT/LB 100Y

1200 FT/LB 175Y

 

FEDERAL Fusion Rifle 243 Win 95gr (FACTORY LOAD)

B.C 0.376

初速 2980 FPS

150 0FT/LB 125Y

1200 FT/LB 225Y

 

FEDERAL Sierra GameKing Boat-Tail SP 243 Win (FACTORY LOAD)

B.C 0.430

初速 2960 FPS

150 0FT/LB 150Y

1200 FT/LB 300Y

 

FEDERAL Non-Typical 243 Win (FACTORY LOAD)

B.C 0.355

初速 2960 FPS

150 0FT/LB 125Y

1200 FT/LB 250Y

 

HORNADY 243 Win 100 gr InterLock BTSP American Whitetail (FACTORY LOAD)

B.C 0.405

初速 2980 FPS

1500 FT/LB 150Y

1200 FT/LB 275Y

 

HORNADY 243 Win 58 gr V-MAX Superformance (FACTORY LOAD)

B.C 0.250

初速 3925 FPS

1500 FT/LB 100Y

1200 FT/LB 200Y

 

Remington HIGH PERFORMANCE RIFLE R243W1 80gr (FACTORY LOAD)

B.C 0.255

初速 3350 FPS

1500 FT/LB 100Y

1200 FT/LB 175Y

 

WINCHESTER  243WIN 100gr POWER POINT (FACTORY LOAD)

B.C 0.356

初速 2960 FPS

1500 FT/LB 125Y

1200 FT/LB 250Y

 

6mm口径の威力の結論

6mm口径は高い命中精度が最大の魅力だ。

狩猟では200m程度の距離で止まっているシカやイノシシのバイタルを狙うのが良いだろう。

 

243winは威力が若干高い代償として?命中精度は6mmBRより若干劣るようだ。

命中精度が劣るといっても100mでコインで隠れるグルーピングなのでバイタルは十分狙える。

 

ハンドロードであれば威力や精度はいくらでも変わってくるし、バレルによっても結果は変わる。

 

射撃で使用するなら軽い弾頭で初速をあげたいが、狩猟で使用するなら重い弾頭を使用して威力をあげたい。

どちらでも使用できそうなのは76grあたり243winの弾頭だろうか。

 

ランキングに参加しています。

いつもポチっと応援して頂きありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

-ハンドロード, 標的射撃

© 2021 ハンティングログ Powered by AFFINGER5