標的射撃 鉄砲関連

スラッグ射撃用グッズを買い漁る ピカティニーレール・レーザーボアサイター・チークレスト他

M870用ピカティニーレールを購入

ebay購入した中華製マウントベースはそもそもM870 EXPRESSには搭載できなかった(スライドできなくなる)ので問題外だった。

M870はEXPRESSでいろいろとパーツの規格が変わってしまったのだ。

 

続いて購入したB-SQUAREはM870 EXPRESSでも搭載する事ができる。

問題はシリアルNOが隠れてしまう事と着脱により機関部が傷だらけになってしまう事、そしてネジの取付取り外しが面倒な事か。

シリアルNOに関してはB-SQUAREと書かれているところを切ってしまえばいいし、傷も気にしなければいいし、ネジの取り外しもメンテナンスの度に外さなければいいだけの話なのだが。

 

B-SQUSREを取り外してみると、機関部はすでに取り返しのつかない傷だらけになっていた。

 

B-SQUAREと取り付けた状態で射撃。

Federal実包を使用した際に後方ネジ付近の角が人差し指の付け根付近に干渉して指を切ってしまった。

反動のある実包を使用した場合、グリップの握り方が悪いと怪我をする恐れがあるようだ。

3回連続で指の付け根付近にB-SQUAREの角が干渉したので、射撃の続行は危険と判断しその日は射撃中止。

 

帰りに銃砲店へ直行。

店舗にあったピカティニーレールを購入し銃に取り付けるよう依頼して銃を預けた。

 

溝は前後の2つしかないので1つ追加で溝を作ってもらったのだが、ホロサイトは目から遠い位置のほうが使いやすい事に気づいてしまった。

前の溝にホロサイトをひっかけてしばらく運用してみようと思う。

 

 

レーザーボアサイターを購入

M870はホロサイトの下から照星が見えるから位置調整は簡単。

MSS-20はボルト抜いて的を直接除けばスコープの位置調整は簡単。

 

なんて事にはならなかった。

 

射撃場にてベテランさんにカートリッジボアサイターをお借りしてスコープの位置調整をやってみた。

カートリッジ式は間違って引き金を引いたりしないよう注意が必要だが、これならスコープの位置調整は簡単だと思った。

しかし位置調整がしっかりできていなかったのか、なかなかマトに当たらなくて苦労したのだが。

 

銃砲店にて見せて貰ったレーザーボアサイトは銃口に差し込むタイプ。

なかなかいい値段がするので購入をためらうも、ネットで検索したら似たような品が数千円で購入できる事が解った。

 

amazonで3,500円にて購入したこちらの商品は残念ながら執筆時点ではすでに品切れのようだ。

ライフル用のようなので12番と20番で使用できるか不安だったが商品説明欄にて12番・20番も使用できると記載されていたので購入。

 

右上のパーツが各銃口に固定する為のもの。

一番右が12番、その隣が20番で用。

 

ボタン電池を3つ使用、スイッチに直接電池を入れる。

 

スイッチに電池を入れたらスイッチを本体に入れるのだが入れ方が解らなかった、マニュアルにも記載されていない。

最初本体に対し平行にスイッチを入れていたのだが一向に入る気配がない、不良品かと疑った。

正解は本体のバネのあるほうにスイッチをケツから斜めに押し込む。

 

スイッチは回転させてON/OFFを切り替えるが、ON/OFFの切替ポイントが解り難いので適当に廻す。

 

銃口に合わせたパーツを取り付ける。

ネジの締め方次第で羽が広がるので、広がりが銃口の大きさピッタリになるようにネジを締める。

緩い状態だと銃口からボアサイトが抜け落ちてしまうし、締めすぎると銃口に入らない。

 

何度か微調整をしつつ銃口へ、しっかりと奥まで差し込んで使用する。

 

家の壁でテスト、9mの距離。

すでに銃砲店が位置調整してくれていたのだが、自分でやりたいのであえてドットは適当にずらした。

画像ではホロサイトの光が強すぎて見えにくいので弱くすればよかった。

 

ホロサイト側で横位置を合わせる

 

続いてセンタードットの少し下位にレーザーが来るようにしておいた。

あとは射撃場で実射してみて微調整。

 

MSS-20のほうも

 

センターより少し下にレーザーが来るように調整

 

 

スポンサーリンク

Tourbonのチークレストを購入

One Tigrisのチークレストは高さ調整パッドが付属していなかった。

高さ調整の為に手ぬぐいをチークレストの中に入れて使ってみたのだが非常に使い勝手が悪い。

このチークレストはシェルマガジンホルダーとポケットが付いているし見た目も気に入っているのでどうにか活用できるようにしたい。

 

どうにか高さ調整できないものかとネットで検索すると海外Amazonにてチークレストに入れるスポンジが$10で発売している事が判明。

該当商品はTourbon社製だった。

Tourbon社は中国広州にある企業で狩猟用品も数多く製造している。

 

 

日本Amazonで同商品を探してみるも該当商品は売っていないようだ。

しかし同社からスポンジ付きのチークレストは売っているようなのでこの商品で妥協する事にした。

TourbonはUSと日本で販売している商品を分けている。

同商品でも日本で売っているものは2倍高いなんて事も。

 

Amazonから届いた商品がこちら。

残念ながらライフル用のホルダーは取り外しができないようだ。

One Tigrisと比べると大きいし作りもかなりしっかりしている。

 

高さの異なるスポンジが3つ付属。

1つはMSS-20に取り付けているOne Tigresのほうにすでにインストール済。

 

ちなみにチークレストを取り付けている状態ではボルトを抜く事ができない。

 

TourbonのチークレストをM870に取り付けると、ベルトがかなり余るのでベルトのベルクロが本来の位置に付かない状態になってしまった。

しょうがないので本来の使い方とは異なる?位置でベルクロを留める事にした。

 

ホロサイトに目線の高さは合うようになったのだが、Tourbonは使い勝手がOne Tigrisと比べると少し悪そうなのでOne Tigrisのチークレスををもう1つ購入しようか悩み中。

 

 

 

Caldwell リードスレッド3を購入した

この手のシューティングレストは実戦用かな?

右のものは足が立ちにくいので結局組み合わせて使用している。

 

このシューティングレストはゼロ調整時に毎回銃の向きや高さが微妙に変わるのでしっかりしたものを購入したい。

しかしそのような商品は高額である。

 

などと執筆している途中で安売りしているCaldwell リードスレッド3を見つけてしまったので即ポチ・・・・

増税前だし・・・

 

もちろんまだ届いていない。

これを持参して次回は岩本山でも行くかな?

 

タッカーを購入

 

射撃場によって必要だったり不要だったり。

マト紙を画鋲で固定するタイプの射撃場では不要。

西富士ライフル射撃場はマト紙をタッカーで固定する。

毎度射撃場で借りるのもどうかと思い自分で用意する事にした。

 

タッカーを射撃場だけで使うのももったいないのでクラフト等他の用途でも使えるよう良いものを購入した。

 

created by Rinker
ラピッド
¥4,453 (2021/08/04 09:03:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

後日ダイソーでタッカーが売っているのを発見、とにかく安く済ませるなら選択肢としてありかもしれない。

 

 

スポッティングスコープ

スポッティングスコープはターゲットに対し位置・倍率・ピントを合わせたら固定で置いておくだけなので、いつでもすぐにターゲットの状態確認ができるので便利。

倍率のあるスコープや双眼鏡などでも代用できるとは思うが、固定できないとターゲットの確認がすぐにできないので専用のスポッティングスコープがあるに越したことはない。

 

こちらはウィンチェスターのスポッティングスコープ。

性能に関しては全く調べもせず箱のデザインだけに釣られてヤフオクにて購入してしまった、made in chinaである。

中古なので箱が少々カビ臭い。

他と比較してないので良し悪しは解らないが、50mでは問題なく使用はできている。

しかしレンズは良くないと断言しよう。

 

 

 

最後に一言

スラッグ射撃をする上で必要なのがマト紙。

射撃場でも購入できるが消耗品なのでいかに安く購入できるかが問題。

いっそ手作りしてしまうのも手である。

 

 

ランキングに参加しています。

いつもポチっと応援して頂きありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

-標的射撃, 鉄砲関連
-, , , , , , , , , ,

© 2021 ハンティングログ Powered by AFFINGER5