鉄砲関連

ストローと割箸による5.5mmペレットローダー

他のブログは見ないのでネタ被りしてたらすいません。

狩猟ではペレットを小さい缶などに入れて携帯している人が多いようだが、私は5.5mmのペレットをストローに入れて携帯していた。

狩猟では手袋をしているし、空気銃は単発式だし都度ペレットを1つ取り出して装填なんてやってられないから。

 

空気銃を入手する前にペレットペンを購入する予定だったのだがコロナの影響で手に入らなかったので、ストローにペレットが入らないかと試してみたらシンデレラフィット

ストローのブランドなどは判らない、紙パック飲料に付いている2段式ストローの飲口側もサイズ的に合う。

追記

100均で6mmのストローを購入して試したらそれっぽいサイズ。

若干緩い気がするが透明カラーだから?

 

ストローの内径は5.5mmよりやや細いが少し膨らむのでペレットを入れることができる。

そしてストローの圧でペレットが押さえられるので、ペレットは棒で押したりしない限りストローからは落ちない。

ペレットをストローから押し出す棒は割箸が丁度良い太さ。

 

私はストローにペレットを最大5発入れる、5発以上入れると抵抗が大きすぎてペレットを押し出すのが大変。

ストローは握れる位の長さ、割り箸はストローより少し長くカット。

ペレットと割り箸は長すぎても短すぎても使いにくい。

 

猟ではペレット入りストローを複数本ポケットに突っ込んで携帯していた。

全部のストローに割り箸を突っ込んでポケットにしまうとポケットの中が大変な事になるのでポケットの中は割り箸1本だけ、予備を鞄にしまっておくなどしたほうが管理しやすい。

ちなみにストローは何度か使用していると破ける。

 

装填する時は、ストローからペレットの頭を少し出した状態にして穴にペレットを入れると楽。

この状態から割り箸を押し込めば装填完了。

 

 

ちなみに手袋をしないのであれば素手でペレットをセットする方が早いです。

 

ランキングに参加しています。

いつもポチっと応援して頂きありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

-鉄砲関連

© 2021 ハンティングログ Powered by AFFINGER5